松崎町南部の海岸沿いにある集落です。岩地とともに三浦(さんぽ)地区をつくる石部、雲見と比べ、静かな入り江に砂浜が広がる海水浴にも適した海岸です。海辺の美しさは「東洋のコートダジュール」という呼び名もあるほどです。
 
 古くから漁業、特にカツオ漁が盛んで、江戸時代には八丁櫓の手漕ぎ船で駿河湾内、明治時代には動力船で遠洋へと漁に出掛けました。
 
 昭和の半ばからは漁業に加えて民宿業が始められ、海水浴、温泉、新鮮な海の幸などの魅力で、多くの観光客が訪れています。